オンラインマニュアル

A.はじめに

1.JDreamⅢ検索サービスとは

1.1 JDreamⅢ検索サービスとは

JDreamⅢ検索サービスは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)が作成し、株式会社ジー・サーチが提供する科学技術や医学などのデータベースにアクセスして、手軽に検索できる文献情報検索サービスです。JSTの前身である日本科学技術情報センター(JICST)が昭和51年(1976年)以来提供していた検索専門家向けの「JOIS」と、JSTが平成15年(2003年)から提供していたエンドユーザ向けの「JDream」を統合し、平成18年4月(2006年4月)より提供されていた「JDreamⅡ」の後継システムで、平成25年4月(2013年4月)より「JDreamⅢ」として株式会社ジー・サーチが提供しています。

※以降、本ガイド中でJDreamⅢと単独で表記した場合には、検索サービスを指します。

1.2 JDreamⅢの主な特徴

  • 約5,800万件(2013年1月現在)の記事を収録する日本最大の科学技術文献データベースです
  • 論文毎に、人手により概要(抄録)を作成し、キーワードを付与しています
  • 外国文献についても、抄録等を日本語で作成しています
  • 科学技術総合データベースで、分野を意識することなく欲しい情報が得られます
  • 検索結果から原文献の複写申込みや、リンクをたどって原文の入手(一部文献のみ)ができます

1.3 JDreamⅢを使う理由は?

インターネット上の一般的な検索エンジン(Yahoo!®やGoogle™など)で情報を得ることができますが、その検索結果には不確かな情報、信頼性の低い情報も含まれます。JDreamⅢの情報源は科学技術に関する学術雑誌や専門誌、公共資料に限られており、信頼性の高い検索結果を得ることができます。また、外国文献であっても、日本語で記事内容をまとめた概要(抄録)をつけていますので、多くの情報の中から必要なものを見つける時にはとても便利です。

※以降、本ガイド中に記載された各会社名、各製品名は各社の登録商標または商標です。