半導体/電子機器関連 特許分析レポートの決定版「特許分析レポート」豊富な図表で分かりやすい / 付属CD収録のExcelデータ集で自由に検索、統計処理もできる

ヘルスケア・医療分野や半導体・電子機器分野での技術動向調査、事業化動向調査など、長年にわたり高い評価を受けているキャップンターナショナルが提供する特許分析レポートです。

内容は、特定分野に特化した、数百頁にのぼる詳細な特許分析、動向レポートの冊子にCDが付属(冊子+CD版の場合)。付属CDには、レポート本文PDF(デジタル版)の他、収録特許Excelデータも同梱。特許検索や統計レポートの作成など、日頃の調査・分析業務に今すぐ活用できる情報満載のレポートです。

レポートのご提供形式

特許分析レポートは「冊子+CD版」、「冊子版」2つの形式でご提供しております。

「冊子+CD版」冊子(紙面)+CDによるご提供。CD内容:レポート本文のPDF版・収録特許のExcelデータ集。「冊子版」冊子(紙面)によるご提供。

●実際のレポートの内容(抜粋サンプル)をご覧いただけます。

「サンプル」ダウンロード

ご提供レポートラインナップ

【新刊レポート】
IoT を進化させるフレキシブルセンサ/デバイス技術に関する特許調査

いよいよ本格的な市場展開が加速するIoT では、センサを搭載した多数のエッジデバイスからクラウドにビッグデータを集積することが特徴となっています。エッジデバイスには、小型・安価・低消費電力であることは勿論、用途・環境に合わせた携帯しやすさ、設置しやすさが強く求められています。そのために近年注目を集めている革新技術が、柔軟で自由な形状を実現できるフレキシブルデバイスや、簡単な工程で効率良く製造できるプリンテッドデバイスです。
本書は、このフレキシブルセンサ/バイス技術に関する特許出願の動向を詳細に分析し、特許出願の狙いや傾向、出願人の特徴など明らかにすることを目的としています。

センサを中心としたフレキシブル技術、プリンテッド技術に関する近年(2000 年1 月~2017 年3 月末)の特許出願を、日本特許データベース(J-PlatPat)から抽出し、対象技術、センシング方式、デバイスの材料/構造/方式など複数の観点による分類を組合せて特許動向の解析を行います。さらに、これらの技術は幅広い技術基盤に立脚しており、さまざまな業種からの事業参入が見込まれることから、特徴のある技術を有する出願人を広範囲に抽出してその特許出願動向を紹介します。

レポートの表現方法

「IoT を進化させるフレキシブルセンサ/デバイス技術に関する特許調査」分析イメージ

豊富なグラフで分かりやすく解説していきます

レポート内容(目次)

  1. 1.はじめに
    1. 1-1.本書の目的
    2. 1-2.特許検索について
      1. (1)検索の方針と結果
      2. (2)検索式の詳細と抽出特許例
    3. 1-3.解析軸および分類について
    4. 1-3-1.解析軸1:技術対象の分類について
      1. (1)製造技術
      2. (2)デバイス技術
      3. (3)応用技術
    5. 1-3-2.解析軸2:測定対象の分類について
      1. (1)力学的センサ
      2. (2)光学的センサ
      3. (3)電気的センサ
      4. (4)環境的センサ
      5. (5)応用的センサ
      6. (6)複合センサ
      7. (7)複数/汎用
    6. 1-3-3.解析軸3:材料/製作方式/形態の分類について
      1. (1)材料
      2. (2)製作方式
      3. (3)形態
    7. 1-3-4.解析軸4:要素技術の分類について
    8. 1-3-5.解析軸5:課題/解決手段の分類について
  2. 2.特許動向分析
    1. 2-1.全体動向分析
    2. 2-2.解析軸1:技術対象での分析
      1. 2-2-1.製造技術
        1. (1)製造技術の細分類別件数分布と出願年推移
        2. (2)製造技術の出願人動向
      2. 2-2-2.デバイス技術
        1. (1)デバイス技術の細分類別件数分布と出願年推移
        2. (2)デバイス技術の出願人動向
      3. 2-2-3.応用技術
        1. (1)応用技術の細分類別件数分布と出願年推移
        2. (2)応用技術の出願人動向
    3. 2-3.解析軸2:測定対象(センサ種類)での分析
      1. 2-3-1.力学的センサ
        1. (1)力学的センサの細分類別件数分布
        2. (2)力学的センサの出願人動向
      2. 2-3-2.光学的センサ
        1. (1)光学的センサの細分類別件数分布
        2. (2)光学的センサの出願人動向
      3. 2-3-3.電気的センサ
        1. (1)電気的センサの細分類別件数分布
        2. (2)電気的センサの出願人動向
  1. 2-3-4.環境的センサ
    1. (1)環境的センサの細分類別件数分布
    2. (2)環境的センサの出願人動向
  2. 2-3-5.応用的センサ
    1. (1)応用的センサの細分類別件数分布
    2. (2)応用的センサの出願人動向
  3. 2-3-6.複合センサ
    1. (1)複合センサの細分類別件数分布
    2. (2)複合センサの出願人動向
  4. 2-3-7.複数/汎用
    1. (1)複数/汎用の細分類別件数分布
    2. (2)複数/汎用の出願人動向
  5. 2-4.技術対象と測定対象の関連
  6. 2-5.解析軸3:材料/製作方式/形態の動向
    1. 2-5-1.材料における特徴的技術
      1. (1)抽出した件数と出願/登録件数推移
      2. (2)技術対象別の分布
      3. (3)材料の細分類別に見た出願人動向
    2. 2-5-2.製作方式における特徴的技術
      1. (1)抽出した件数と出願/登録件数推移
      2. (2)技術対象別の分布
      3. (3)製作方式の細分類別に見た出願人動向
    3. 2-5-3.形態における特徴的技術
      1. (1)抽出した件数と出願/登録件数推移
      2. (2)技術対象別の分布
      3. (3)形態の細分類別に見た出願人動向
  7. 2-6.要素技術,課題と解決手段での分析
    1. 2-6-1.要素技術
    2. 2-6-2.課題と解決手段
  8. 2-7.上位出願人の出願動向
    1. 2-7-1.属性別の出願人動向
    2. 2-7-2.上位出願人の動向
      1. (1)富士フイルム
      2. (2)パナソニック
      3. (3)三菱マテリアル
      4. (4)産業技術総合研究所
      5. (5)大日本印刷
      6. (6)Merck Patent
      7. (7)大阪大学
      8. (8)イリノイ大学
      9. (9)住友化学
      10. (10)東芝
      11. (11)セイコーエプソン
      12. (12)フジクラ
    3. 2-7-3.解析軸別出願人動向
      1. (1)解析軸1:技術対象の細分類別出願人動向
      2. (2)解析軸2:測定対象の細分類別出願人動向
  9. 3.フレキシブルセンサ/デバイス技術に関する日本特許出願動向のまとめ

<新刊レポート>「IoT を進化させるフレキシブルセンサ/デバイス技術に関する特許調査」

  • A4判 216ページ
  • 8月17日発売
  • 価格:【冊子+CD版】定価:180,000円(税別)
  • お問い合わせ
  • 申込書 (PDF)

見守り・監視技術に関する特許分析と事業化動向

「見守り・監視技術に関する特許分析と事業化動向」分析イメージ

現在、介護や保育の現場では、カメラ、センサ、マイコン、ネットワークを効率的に利用する見守り・監視技術によって、介護者や保育者の負担を大幅に軽減するさまざまなシステムが提案されるようになってきています。

本書では、十分に吟味した検索式を元に、見守り・監視技術に関する日本特許を特許データベース検索「特許情報プラットフォーム(J Plat Pat)」を使って抽出(1095件)精査し、「見守り・監視の対象」、「見守り監視の方法」、「要素技術」の3つの分類軸で分類・整理、さらにそれらの相関関係にも注意して分析を行っています。

さらに、それを基に日本における見守り・監視技術の動向や現状を分析し、技術面や事業面でのリーダーを明らかにしていきます。
※特許の調査対象期間は2000年1月~2016年6月の15年6ヶ月

ご提供レポートラインナップ(以下に取り上げた出願人例のうち13社について詳細な解説を加えています)

1.介護看護の見守り 抽出例・出願人例(抽出特許:656件)
生活見守りシステム 日立ビルシステム、積水化学工業、パナソニック、日本電気、日立製作所、三菱電機
住宅監視システム パナソニック、ケアコム
安否確認システム アイホン、関西電力、エイコー電子
離床監視システム ケアコム、キング通信工業
浴槽監視装置 サクサ、リンナイ、ノーリツ
2.保育の見守り 抽出例・出願人例(抽出特許:205件)
映像監視システム パナソニック、日立国際電気
託児所監視システム キヤノン
乳幼児健康管理/監視装置 テルモ
3.ペットの見守り 抽出例・出願人例(抽出特許:37件)
ペット監視システム アルゼ、リコー、京セラ
ペット監視装置 テルモ
4.徘徊迷子の見守り 抽出例・出願人例(抽出特許:103件)
移動体捜索システム セコム
徘徊者監視装置 アイホン、情報機器サービス
迷子判定装置 KDDI
5.運転者の見守り 抽出例・出願人例(抽出特許:94件)
運転者監視装置 トヨタ自動車、スズキ、デンソー、アイシン精機、パナソニック
居眠り運転検出装置 ダイハツ工業
飲酒運転防止システム 東海理化電機製作所、富士通

レポート内容(目次)

  1. 1.はじめに
    1. 1-1.本書の目的
    2. 1-2.特許検索について
    3. 1-3.解析軸および分類について
      1. (1)解析軸1「見守り対象」について
      2. (2)解析軸2「見守り方法」について
      3. (3)解析軸3「要素技術」について
  2. 2.全体分析
    1. 2-1.出願件数の推移
      1. (1)分析対象1095件について
      2. (2)見守り・監視技術に関する特許の出願、公開件数推移
      3. (3)見守り・監視技術に関する登録特許の出願、登録件数推移
    2. 2-2.公開特許内容の分布
      1. 2-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
        1. (1)見守り対象の5分野と見守り方法の3分野
        2. (2)見守り対象と見守り方法のマトリクス
      2. 2-2-2.要素技術の分布
      3. 2-2-3.IPCの分布
    3. 2-3.出願人の分布
      1. 2-3-1.出願人国籍の分布
      2. 2-3-2.出願人の特許件数分布
        1. (1)見守り・監視技術に関する特許の出願人の件数分布
        2. (2)出願人国籍別に見た出願人の件数分布
        3. (3)登録特許における出願人の件数分布
      3. 2-3-3.上位出願人の概要
  3. 3.介護看護分野の分析
    1. 3-1.出願件数の推移
      1. (1)介護看護656件について
      2. (2)介護看護の見守りに関する特許の出願、公開件数推移
      3. (3)介護看護の見守りに関する登録特許の出願、登録件数推移
    2. 3-2.特許内容の分布
      1. 3-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
        1. (1)見守り対象の細分類
        2. (2)見守り方法による分類と細分類
        3. (3)見守り対象と見守り方法の分布
      2. 3-2-2.要素技術の分布
    3. 3-3.出願人の分布
    4. 3-4.上位出願人の動向
  1. 4.保育分野の分析
    1. 4-1.出願件数の推移
    2. 4-2.特許内容の分布
      1. 4-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
      2. 4-2-2.要素技術の分布
    3. 4-3.出願人の分布
    4. 4-4.上位出願人の動向
  2. 5.ペット分野の分析
    1. 5-1.出願件数の推移
    2. 5-2.特許内容の分布
      1. 5-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
      2. 5-2-2.要素技術の分布
    3. 5-3.出願人の分布
    4. 5-4.上位出願人の動向
  3. 6.徘徊迷子分野の分析
    1. 6-1.出願件数の推移
    2. 6-2.特許内容の分布
      1. 6-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
      2. 6-2-2.要素技術の分布
    3. 6-3.出願人の分布
    4. 6-4.上位出願人の動向
  4. 7.運転者分野の分析
    1. 7-1.出願件数の推移
    2. 7-2.特許内容の分布
      1. 7-2-1.見守り対象と見守り方法の分布
      2. 7-2-2.要素技術の分布
    3. 7-3.出願人の分布
    4. 7-4.上位出願人の動向
  5. 8.分析結果のまとめ
  6. 9.収録特許一覧

※4章から7章までは、3章と同じ構成になっています。
※上位出願人の動向では全13社を取り上げており、各社の事業化動向、抽出特許の概要、各分野の特許の概要、権利化の動向、単独出願か共同出願かなどを細かく解説しています。さらに抽出特許に関するまとめと、登録特許の概要も載せています。

「見守り・監視技術に関する特許分析と事業化動向」

  • A4判 287ページ
  • 10月27日発売
  • 価格:【冊子版】定価:120,000円(税別)、【冊子+CD版】定価:180,000円(税別)
  • お問い合わせ
  • 申込書 (PDF)

バイタルサインセンシング技術に関する特許分析と事業化動向~
Part.2 米国特許編

本書は、心拍/脈拍測定、血圧測定、心電測定、血中酸素測定の4つのバイタルサイン(生命兆候)測定に関する特許出願について、特にその日常シーンでの活用に注目し、携帯機器、ウェアラブル機器、ワイヤレス機器、ネットワーク、クラウド、健康管理、生活応用などに関連するものを抽出・解析したものです。

本書の目的は、日常生活からスポーツ、自動車の運転、睡眠、入浴など生活のあらゆる局面で、健常者からスポーツ/作業従事者、生活習慣病患者および予備軍、高齢者、在宅患者などきわめて幅広い人々に役立つバイタルサインセンシングに関する特許出願を抽出・分析し、その発展状況、注目すべき技術、主要な出願人を明らかにすることです。

さらに本書は昨年8月に発刊しました「Part.1 日本特許編」と同じ解析軸で分類を行っており、2冊併せて日米特許動向の比較分析も行えるようになっており、当該分野における特許分析には必携の書となっております。

レポート内容(目次)

  1. 1.はじめに
    1. 1-1.本書の目的
    2. 1-2.特許検索について
    3. 1-3.解析軸および分類について
  2. 2 .心拍/脈拍測定に関する特許動向分析
    1. 2-1.特許の全体動向
    2. 2-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 2-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 2-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 2-5.解析軸5:要素技術
    6. 2-6.解析軸5:要素技術
    7. 2-7.心拍/脈拍測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 2-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  3. 3.血圧測定に関する特許動向分析
    1. 3-1.特許の全体動向
    2. 3-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 3-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 3-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 3-5.解析軸4:測定の部位
    6. 3-6.解析軸5:要素技術
    7. 3-7.血圧測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 3-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  4. 4.心電測定に関する特許動向分析
    1. 4-1.特許の全体動向
    2. 4-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 4-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 4-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 4-5.解析軸4:測定の部位
    6. 4-6.解析軸5:要素技術
    7. 4-7.心電測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 4-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  1. 5.血中酸素測定に関する特許動向分析
    1. 5-1.特許の全体動向
    2. 5-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 5-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 5-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 5-5.解析軸4:測定の部位
    6. 5-6.解析軸5:要素技術
    7. 5-7.血中酸素測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 5-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  2. 6.バイタルサインセンシングの米国登録特許動向のまとめ
    1. 6-1.4分野の全体動向
    2. 6-2.心拍/脈拍測定技術のまとめ
    3. 6-3.血圧測定技術のまとめ
    4. 6-4.心電測定技術のまとめ
    5. 6-5.血中酸素測定技術のまとめ
    6. 6-6.最後に
  3. 収録特許一覧

    上位出願人の項は、基本的に各社とも以下の(1)~(10)になっています。

    但し、(2)(3)など該当する特許の件数が少ない場合は省略する出願人もあります。4分野で全13社を収録しています。

    1. (1)事業化動向
    2. (2)抽出特許の概要
    3. (3)測定技術に関する特許の動向
    4. (4)応用技術に関する特許の動向
    5. (5)技術方式別特許の動向
    6. (6)測定部位別特許の動向
    7. (7)要素技術別特許の動向
    8. (8)単独出願と共同出願
    9. (9)抽出特許に関するまとめ
    10. (10)登録特許の概要

「バイタルサインセンシング技術に関する特許分析と事業化動向 Part.2 米国特許編」

  • A4判 321ページ
  • 図版総数:198
  • 表総数:62+収録特許一覧
  • 価格:【冊子版】定価:120,000円(税別)、【冊子+CD版】定価:180,000円(税別)
  • お問い合わせ
  • 申込書 (PDF)

バイタルサインセンシング技術に関する特許分析と事業化動向~
Part.1 日本特許編

本書は、心拍/脈拍測定、血圧測定、心電測定、血中酸素測定の4つのバイタルサイン(生命兆候)測定に関する特許出願について、特にその日常シーンでの活用に注目し、携帯機器、ウェアラブル機器、ワイヤレス機器、ネットワーク、クラウド、健康管理、生活応用などに関連するものを抽出・解析したものです。

日常シーンにおけるバイタルサインセンシングの活用は、現在急速に開発が進んでおり、社会的にも大きなテーマであるとともに、技術面でもビジネス面でも急成長が見込まれる分野です。

本書の目的は、日常生活からスポーツ、自動車の運転、睡眠、入浴など生活のあらゆる局面で、健常者からスポーツ/作業従事者、生活習慣病患者および予備軍、高齢者、在宅患者などきわめて幅広い人々に役立つバイタルサインセンシングに関する特許出願を抽出・分析し、その発展状況、注目すべき技術、主要な出願人を明らかにすることです。

レポート内容(目次)

  1. 1.はじめに
    1. 1-1.本書の目的
    2. 1-2.特許検索について
    3. 1-3.解析軸および分類について
  2. 2 .心拍/脈拍測定に関する特許動向分析
    1. 2-1.特許の全体動向
    2. 2-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 2-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 2-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 2-5.解析軸5:要素技術
    6. 2-6.解析軸5:要素技術
    7. 2-7.心拍/脈拍測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 2-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  3. 3.血圧測定に関する特許動向分析
    1. 3-1.特許の全体動向
    2. 3-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 3-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 3-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 3-5.解析軸4:測定の部位
    6. 3-6.解析軸5:要素技術
    7. 3-7.血圧測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 3-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  4. 4.心電測定に関する特許動向分析
    1. 4-1.公開特許の全体動向
    2. 4-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 4-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 4-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 4-5.解析軸4:測定の部位
    6. 4-6.解析軸5:要素技術
    7. 4-7.心電測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 4-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  1. 5.血中酸素測定に関する特許動向分析
    1. 5-1.特許の全体動向
    2. 5-2.解析軸1:測定技術/応用技術とそれぞれの対象
    3. 5-3.解析軸2:測定対象/応用対象と機器形態の関連
    4. 5-4.解析軸3:測定の技術方式
    5. 5-5.解析軸4:測定の部位
    6. 5-6.解析軸5:要素技術
    7. 5-7.血中酸素測定技術に関する特許の出願人別動向
    8. 5-8.上位出願人の特許出願と事業化の動向
  2. 6.バイタルサインセンシングの日本登録特許動向のまとめ
  3. 収録特許一覧

    上位出願人の項は、基本的に各社とも以下の(1)~(10)になっています。

    但し、(2)(3)など該当する公開特許の件数が少ない場合は省略した出願人もあります。

    1. (1)事業化動向
    2. (2)抽出特許の概要
    3. (3)測定技術に関する公開特許の動向
    4. (4)応用技術に関する公開特許の動向
    5. (5)技術方式別公開特許の動向
    6. (6)測定部位別公開特許の動向
    7. (7)要素技術別公開特許の動向
    8. (8)単独出願と共同出願
    9. (9)抽出特許に関するまとめ
    10. (10)登録特許の概要

「バイタルサインセンシング技術に関する特許分析と事業化動向 Part.1 日本特許編」

  • A4判 289ページ
  • 図版総数:198
  • 表総数:80+収録特許一覧
  • 価格:【冊子版】定価:120,000円(税別)、【冊子+CD版】定価:180,000円(税別)
  • お問い合わせ
  • 申込書 (PDF)

既刊の特許分析レポートのご案内

血糖値センサー技術に関する特許分析と事業化動向
- 非侵襲型SMBGとCGMの実現 -

  • A4判 234ページ
  • 発刊:2014年10月
  • 収録特許数:753件
  • 検索期間(日米出願日/日本公開日/米国登録日):1993年1月~2014年3月末
  • 価格:冊子版 定価:120,000円(税別)、冊子+CD版 定価:180,000円(税別)

ワイヤレス給電関連技術に関する米国登録特許調査レポート

  • A4判 110ページ
  • 発刊:2014年10月
  • 収録特許数:481件
  • 検索期間(出願日/登録日):2000年1月~2012年7月末
  • 価格:冊子版 定価:90,000(税別)、冊子+CD版 定価:180,000(税別)

米国登録特許におけるSiCデバイス関連技術最新動向分析調査
Part.1 プロセス技術/デバイス技術

  • A4判 167ページ
  • 発刊:2006年9月
  • 収録特許数:467件
  • 検索期間(登録日):1995年1月~2005年12月末
  • 価格:冊子+CD版 定価:90,000(税別)
  • お問い合わせ
  • 申込書 (PDF)