科学技術文献速報サービス

ライフサイエンス編 編別分類表編別-JST分類コード対応表

【大分類】

文献速報 JDreamⅡ ★現在は使用していない分類コード
大分類 小分類 JST分類コード 分類見出し UDC標数
ライフサイエンス一般(L0100) ライフサイエンス一般(L0101) EA01010W 生物科学一般 57:35.1
生物科学(L0200) 生物科学一般(L0201) AE01000T 心理学一般 159.938+159.929+159.9.01
★EA01040D 生物形態学一般【'81~'92】 576.2
★EA01050O 生物分類学一般【'81~'92】 57.081
★EA01060Z 生理学一般【'81~'92】 576.2
EA01070K 人類学 572
EA02010D 理論生物学一般 574/577.011
EA02020O 生物物理学一般 577.3
EA03010K 生物科学研究法一般 57.08
EA03020V 生物物理的研究法 57.088
EA03030G 生化学的分析法 543.9:577.1
EA03040R 細胞・組織培養法 57.086
EA03050C 生体の顕微鏡観察法 57.086.2/.3
EA03060N バイオアッセイ 576/577.087
EA03070Y 実験用生物 57.082
遺伝学,進化論(L0202) EC01010C 遺伝学一般 575.1/.2
EC01020N 遺伝学研究法 575.1/.2.08
EC01030Y 遺伝的変異 575.2
EC01040J 集団遺伝学 575.17
EC02010J 分子遺伝学一般 575.116
EC02020U 遺伝子の構造と化学 575.116.4
EC02030F 遺伝子の複製 575.113:576.353.089.2
EC02040Q 遺伝子発現 575.113.087
EC02050B 遺伝子操作 575.113.089
EC03010Q 進化論一般 575.8
EC03020B 生命の起源と前生物学 575.858
生体防御と免疫系(L0203) ED01010F 生体防御と免疫系一般 612.017
ED01020Q 生体防御と免疫系研究法 612.017-08
★ED02010M 免疫生化学一般【'81~'92】 577.1:612.017
★ED02020X 抗原【'81~'92】 577.1:576.8.097.2
★ED02030I 抗体【'81~'92】 577.1:576.8.097.5
★ED02040T 補体【'81~'92】 577.1:576.8.097.3
★ED02050E インターフェロン【'81~'92】 577.1:576.8.097.5
ED03010T 免疫反応一般 612.017-083.3
ED03020E 移植免疫 612.017-083.3:616-089
ED03030P 感染免疫 612.017-083.3:616-022.1
ED03040A 腫よう免疫 612.017-083.3:616-006
ED04010A 抗原・抗体・補体一般 577.18.01
ED04020L 抗原・抗体・補体の生化学 577.18
ED04030W 抗原・抗体・補体の生産と応用 577.18:66
細胞学(L0204) EF01000A 細胞学一般 576.3
EF02010S 細胞生理一般 576.32/.36
EF02020D 細胞分裂・増殖 576.35
★EF02030O 細胞融合,細胞接着【'81~'92】 577.1:576.4
★EF02040Z 細胞の代謝と栄養【'81~'92】 577.1:576.34
EF03010Z 細胞構成体一般 576.31
★EF03020K 細胞核【'81~'92】 577.1:576.312
★EF03030V ミトコンドリア【'81~'92】 577.1:576.311.347
★EF03040G リボゾーム【'81~'92】 577.1:576.311.34
★EF03050R その他の細胞構成体【'81~'92】 577.1:576.31
EF03060C 細胞構成体の機能 576.311/.316
EF04010G 生体膜一般 576.314
EF04020R 細胞膜の輸送 576.342
EF04030C 細胞膜の受容体 576.314.02
微生物学,ウイルス学(L0205) EG01000D 微生物学・ウイルス学一般 578/579
EG02010V 微生物・ウイルス学研究法一般 578/579.08
EG02020G 微生物検査法 579.63
EG02030R 微生物の接種・培養法 579.086.83
EG02040C 滅菌法 579.63:614.48
EG03010C 微生物学(ウイルス以外)一般 579
EG03020N 微生物の生化学 579.222
EG03030Y 微生物形態学・分類学 579.23+579.8
EG03040J 微生物の生態 579.26
EG03051L 微生物生理一般 579.22:577
EG03052C (微生物学(ウイルス以外))酵素生理 579.22:577.325
EG03053T 微生物感染の生理と病原性 579.22:616-022.1
EG03054K 代謝と栄養 579:577.3
EG03055B 分化,増殖,成長,生殖 579.24
EG04010J ウイルス学一般 578
EG04020U ウイルスの形態学,分類学 578.3+578.8
EG04030F ウイルスの生化学 578.1
EG04041H ウイルスの生理一般 578.4
EG04042Y ウイルス感染の生理と病原性 578.72/.76
植物学(L0206) EH01010R 植物学一般 581
EH01020C 植物学研究法 581.08
EH01030N 植物分類学 582
EH01040Y 植物形態学・解剖学 581.4
EH01050J 植物の生化学 581.192
EH02010Y 植物生理学一般 581.1
EH02020J (植物生理学)酵素生理 581.199
EH02030U 発生,成長,分化 581.14
EH02040F 生殖 581.16
EH02050Q 物質の代謝 581.131/.135
EH02060B 植物栄養 581.133/.134
EH02070M 植物ホルモン 581.14:577.17
動物学(L0207) EJ01010X 動物学一般 591:577.1
EJ01020I 動物学研究法 591.08
EJ01030T 動物分類学 592/599
EJ01040E 動物形態学・解剖学一般 591.4+591.8
EJ01050P 動物の生化学 591.05
EJ02010E 動物生理一般 591.1:577.1
EJ02020P (動物生理学一般)酵素生理 591.1:577.15
EJ02031R 動物の代謝と栄養一般 591.13
EJ02032I 蛋白質・ペプチド・アミノ酸の代謝と栄養 591.13:547.96
EJ02033Z 核酸の代謝と栄養 591.13:547.963.3
EJ02034Q 脂質の代謝と栄養 591.13:547.915
EJ02035H 糖質の代謝と栄養 591.13:547.917
★EJ02036Y その他の物質の代謝と栄養【'81~'92】 591.13 OTHERS
EJ02037P 外来物質の代謝と生体内変換 591.13+
EJ03010L 血液一般 591.11.05
EJ03020W 赤血球 591.111.1.05 R
EJ03030H 白血球,リンパ球 591.111.1.05 L
EJ03040S 線維素溶解・血液凝固 591.111.3.05
EJ04010S 循環系一般 591.112.05+591.41
EJ04020D 心臓 591.112.2.05+591.412
EJ04030O 血管系 591.112.3/.4.05+591.413/.416
EJ05010Z 吸収系一般 591.12.05+591.42
EJ05020K 591.127.05+591.424
EJ06010G 消化系一般 591.132.05+591.43
EJ06020R 口腔,食道 591.131.3.05+591.431/.432
EJ06030C 591.132.2.05+591.433
EJ06040N 591.132.5.05+591.434/.435
EJ06050Y すい臓 591.132.5.05+591.437
EJ06060J 肝臓 591.132.5.05+591.436
EJ07010N 造血・リンパ系一般 591.11.05+591.44
EJ07020Y 造血系 591.111.05+591.41
EJ07030J リンパ系 591.113.05+591.41
EJ08000J 内分泌系の生理と解剖学 591.147.05+591.4
EJ09010B 泌尿排出系一般 [591.149.05+591.461]+
EJ09020M 尿 591.149
EJ09030X 腎臓 591.149.05+591.461
EJ10010V 筋肉・運動系一般 591.17.05+591.47
EJ10020G 筋肉 591.175.05+591.473
EJ10030R 骨格系 591.177.05+591.471
EJ11010C 外皮一般 591.176.05+591.477
EJ11020N 外分泌腺 591.141/.146.05+591.461/.462
EJ12010J 神経系一般 591.18.05+591.48
EJ12020U 末梢神経系 591.18.05+591.483
EJ12030F 中枢神経系 591.18.05+591.481
EJ13010Q 感覚系一般 591.185.05:591.484/.488
EJ13020B 視覚 591.185.6.05+591.484
EJ13030M 聴覚 591.185.5.05+591.485
EJ13040X その他の感覚 591.185.05+591.48+
EJ14000M 発声・発音の生理 591.126.05:591.422
EJ15010E 生殖生理一般 591.16.05
EJ15020P 生殖器官 591.16.05+591.463/.467
EJ16010L 発生・成長の生理一般 591.134.05
EJ16020W 発生と分化 591.3.05
EJ16030H 成長 591.134.05
EJ16040S 老化と死 591.139.05
生態学(L0208) EE01010I 生態学一般 574
★EE01020T 陸上生態系【'81~'92】 577.1:577.476
★EE01030E 水圏生態系【'81~'92】 577.1:577.472
EE01040P 生態系 581.55+591.55
EE01050A 異種生物間相互作用 581.557+591.557
EE02000E 植物生態学 581.5
★EE02010P 植物生態学一般【'81~'92】 581.5
★EE02020A 個生態学【'81~'92】 581.522
★EE02030L 群生態学【'81~'92】 581.524
EE03010W 動物生態学一般 591.55
EE03020H 個生態学 581.522+591.552
EE03030S 個体群生態学 581.524+591.553
★EE03041U 異種動物間の相互作用一般【'81~'92】 591.53+591.55
★EE03042L 寄生【'81~'92】 591.557.8
環境生物学(L0209) EE04010D 環境因子の生物影響一般 574.2
EE04020O (環境因子の生物に対する影響)微生物に対する影響 579.26.02
EE04030Z (環境因子の生物に対する影響)植物に対する影響 581.52.02/.03
EE04040K (環境因子の生物に対する影響)動物に対する影響 591.54
EE04050V (環境因子の生物に対する影響)人間に対する影響 612-06:574.2
EE05010K 外生物質の生物影響一般 574:54:00
EE05020V (外生物質の生物に対する影響)微生物に対する影響 579.26:54
EE05030G (外生物質の生物に対する影響)植物に対する影響 581.52.04
EE05040R (外生物質の生物に対する影響)動物に対する影響 591.5:54
EE05050C (外生物質の生物に対する影響)人間に対する影響 612-06:54
放射線生物学(L0210) EK01000P 放射線生物学一般 577.34
EK02010H 照射の影響一般 577.34.088
EK02020S 生体物質に対する影響 577.34:574.2
EK02030D 細胞レベルに対する影響 577.34:576.3
EK02040O (放射線照射の影響)微生物に対する影響 577.34:579
EK02050Z (放射線照射の影響)植物に対する影響 577.34:58.04
EK02060K (放射線照射の影響)動物に対する影響 577.34:591.044
EK02070V (放射線照射の影響)人間に対する影響 577.34:612-06
EK03010O 放射性物質の代謝と蓄積一般 539.16:577.12/.13
★EK03020Z 微生物での代謝と蓄積【'81~'92】 576.8.095.3:612.014.48
EK03030K 植物での代謝と蓄積 539.16:581.134/.135
EK03040V 動物での代謝と蓄積 539.16:591.13/.14
EK03050G 人間での代謝と蓄積 539.16:612.015.3
土壌生物学(L0211) FB04050N 土壌生物 631.46
森林生物学(L0212) FF02010T 森林生物学一般 630*12
FF02020E 森林植物学 630*16
水産生物学(L0213) FH02010Z 水産生物学一般 639.2/.6:[581+591]
FH02020K 魚類 639.21/.23
FH02030V 魚類以外の水産動物 639.24+639.4/.6
FH02040G (水産生物学)海藻類 639.64
FH02050R プランクトン 574.583
 ページTOPへ
生化学(L0300) 生化学一般(L0301) EB01000O 生化学一般 577.1
EB02010G 生体物質一般 547.9.03/.05:577.1
EB02020R (生体物質の生化学一般)生物学的機能 577.11:544.165
EB02030C (生体物質の生化学一般)代謝一般 577.12
★EB02040N フェロモン【'81~'92】 547.9.03/.05:591.552
JE15040B 分子・遺伝情報処理 681.3.02:612.014
蛋白質・ペプチドの生化学(L0302) EB03010N 蛋白質・ペプチド一般 577.112
EB03020Y 分子構造 577.112.012
EB03030J 化学合成 577.112:54-114
EB03040U (蛋白質・ペプチドの生化学)生物学的機能 577.112.016
EB03050F (蛋白質・ペプチドの生化学)代謝一般 577.112:577.12
核酸の生化学(L0303) EB04010U 核酸一般 577.113
EB04020F (核酸の生化学)生物学的機能 577.113.016
EB04030Q (核酸の生化学)代謝一般 577.113:577.12
脂質の生化学(L0304) EB05010B 脂質一般 577.115
EB05020M (脂質の生化学)生物学的機能 577.115.016
EB05030X (脂質の生化学)代謝一般 577.115:577.12
糖質・糖鎖の生化学(L0305) EB06010I 糖質・糖鎖一般 577.114
EB06020T (糖質・糖鎖の生化学)生物学的機能 577.114.016
EB06030E (糖質・糖鎖の生化学)代謝一般 577.114:577.12
ビタミン学(L0306) EB07010P ビタミン一般 577.16
EB07020A ビタミンA 577.161.1
EB07030L ビタミンB群 577.164.1
EB07040W ビタミンC 577.164.2
EB07050H ビタミンD 577.161.2
EB07060S ビタミンE 577.161.3
EB07070D その他のビタミン 577.16+
ホルモン,サイトカイン,生理活性ペプチド(L0307) EB08010W ホルモン・サイトカイン・生理活性ペプチド一般 577.17
EB08020H すい臓ホルモン 577.175.7
EB08030S 甲状腺ホルモン 577.175.4
EB08040D 副腎ホルモン 577.175.5
EB08050O 性ホルモン 577.175.6
EB08060Z 脳下垂体ホルモン 577.175.3
EB08070K その他の脊椎動物ホルモン 577.175.3/.7
EB08080V 無脊椎動物ホルモン 577.175.2
EB08090G サイトカイン 577.175.1
EB08100U 生理活性ペプチド 577.112.6.02
酵素学(L0308) EB09010D 酵素一般 577.151
EB09020O 補酵素 577.15.013
★EB09030Z オキシドレダクターゼ【'81~'92】 577.158
★EB09040K トランスフェラーゼ【'81~'92】 577.15 T
★EB09050V ヒドロラーゼ【'81~'92】 577.152
★EB09060G リアーゼ【'81~'92】 577.15 LY
★EB09070R イソメラーゼ【'81~'92】 577.15 I
★EB09080C リガーゼ【'81~'92】 577.15 LI
★EB09090N その他の酵素【'81~'92】 577.159
EB09100B 酵素の応用関連 577.15.02
生体エネルギー論(L0309) EB10010X 生体エネルギー論一般 577.3
EB10020I 光合成 577.3:581.132
EB10030T 筋収縮,筋弛緩のエネルギー代謝 577.3:591.175
 ページTOPへ
生物の育種と防疫(L0400) 植物の育種(L0401) FC02010K 作物育種一般 631.52
FC02020V 作物の品種 631.526
FC02030G 作物の品種改良 631.527/.528
植物の病理と防疫(L0402) FC04010Y 植物の病災害一般 632.1/.8
FC04020J (植物の病災害)自然災害 632.11/.12
FC04031L 植物の生理的障害一般 632.16
FC04032C 植物の栄養障害 632.121+632.155
FC04040F 植物の農薬による薬害 632.154:632.95
FC04051H 微生物による植物病害一般 632.3/.4
FC04052Y 菌類による植物病害 632.4
FC04053P 細菌による植物病害 632.35
FC04054G ウイルスによる植物病害 632.38
FC04061S 有害植物による植物被害一般 632.5
FC04062J 雑草による植物被害 632.51
FC04071D 有害動物による植物被害一般 632.6/.7
FC04072U 昆虫・ダニによる植物被害 632.7+632.654.2
FC04073L 線虫による植物被害 632.651.32
FC05010F 植物の病虫害防除一般 632.9
FC05020Q 栽培的防除 632.931+632.938
FC05030B 生物的防除 632.937
FC05041D 物理的防除一般 632.935/.936
FC05042U 放射線利用防除 632.935:621.039.8
FC05050X 化学的防除 632.934
動物の育種・繁殖管理(L0403) FD01020R 飼育動物の育種 636.082
FD01030C 繁殖管理 636.082.4
動物の病理と防疫(L0404) FE01010J 獣医学一般 619:636.09
FE01020U 動物の診療・診療設備 619:636.09:[615.4+615.8]
FE01030F 動物の衛生 619:614.9
FE01040Q 飼料衛生 619:614.9:636.085
FE01050B 動物用医薬品 619:615.1/.4:636
FE02010Q 動物病一般 619:616
FE02021S 動物の伝染病一般 619:616.9
FE02022J 菌類による動物の伝染病 619:616.992
FE02023A 細菌による動物の伝染病 619:616.98:579
FE02024R ウイルスによる動物の伝染病 619:616.98:578
FE02030M 動物の寄生虫病 619:616.993/.995
FE02040X 動物の栄養障害 619:616.39
FE02050I 動物の中毒 619:615.9
FE02060T その他の動物病 619:616+
 ページTOPへ
培養工学と微生物などの利用(L0500) 培養工学と微生物などの利用(L0501) FK02010I 培養工学一般 663.1
FK02020T 工業的培養法,装置 663.1.03/.05
FK03010P 微生物,組織・細胞培養による物質生産一般 663.14/.18
FK03020A 微生物代謝産物の生産 663.16+663.18
FK03030L 微生物酵素の生産 663.15
FK03040W 菌体の生産 663.1:[636.085+664]
FK03050H 植物組織・細胞による物質生産 663.1:576.35:58
FK03060S 動物組織・細胞による物質生産 663.1:576.35:59
 ページTOPへ
薬学(L0600) 薬学一般(L0601) GU01010G 薬学一般 615
GU01020R 薬事,薬業 615.1
GU01051P (薬学一般)生産関連一般 615.012
GU01052G 医薬品の外装・包装 615.014.8
薬物学(L0602) GV01010J 薬物学一般 615.01
GV01020U 薬物の研究法 615.011
GV01030F 薬物の合成 615.31
GV01040Q 薬物の分析 615.07
GV01050B 薬物の構造活性相関 615.2.015.1
GV01060M 薬物の物理化学的性質 615.015.1
GV01070X 薬物の相互作用 615.2.015.2
GW01000B 薬理学一般 615.2
GW02000I 神経系作用薬一般 615.21
GW03010A 中枢神経系作用薬一般 615.211/.214
GW03020L 全身麻酔薬の基礎研究 615.211
GW03040H 解熱鎮痛薬の基礎研究 615.212.3/.4
GW03060D 抗てんかん薬・抗けいれん薬の基礎研究 615.213
GW03080Z たんでき性鎮痛薬・麻薬の基礎研究 615.212.7
GW03100Y 向精神薬の基礎研究 615.214
GW03120U その他の中枢神経系作用薬の基礎研究 615.211/.214+
GW04010H 体性神経・横紋筋作用薬一般 615.216
GW04020S 局所麻酔薬の基礎研究 615.216.2
GW04040O 骨格筋作用薬の基礎研究 615.216.5
GW04060K 感覚器作用薬の基礎研究 615.216.8
GW05010O 自律神経系作用薬一般 615.217
GW05021Q 交感神経作用薬一般 615.217.2
GW05022H 交感神経興奮薬の基礎研究 615.217.22
GW05024P 交感神経抑制薬の基礎研究 615.217.24
GW05031B 副交感神経作用薬一般 615.217.3
GW05032S 副交感神経作用薬の基礎研究 615.217.32
GW05040V 神経節作用薬の基礎研究 615.217.4
GW05060R 平滑筋作用薬の基礎研究 615.217.5
GW06010V ヒスタミン薬・抗ヒスタミン薬の基礎研究 615.218
GW07010C 循環系作用薬一般 615.22
GW07020N 心臓作用薬の基礎研究 615.221/.224
GW07040J 血管作用薬・降圧薬の基礎研究 615.225
GW08010J 呼吸・呼吸器作用薬の基礎研究 615.23
GW09010Q 消化器作用薬の基礎研究 615.24
GW10010K 内分泌腺作用薬・生殖器作用薬の基礎研究 615.25
GW11010R 泌尿器作用薬の基礎研究 615.254
GW12010Y 外皮作用薬の基礎研究 615.26
GW13010F 代謝作用薬一般 615.272
GW13020Q 糖質代謝作用薬の基礎研究 615.272.3
GW13040M 脂質代謝作用薬の基礎研究 615.272.4
GW13060I その他の代謝作用薬の基礎研究 615.272+
GW14010M 血液・体液作用薬の基礎研究 615.273
GW15010T 消炎薬の基礎研究 615.276
GW16010A 抗腫よう薬の基礎研究 615.277.3
GW17010H 病原体作用薬一般 615.28
GW17020S 抗細菌薬の基礎研究 615.281
GW17040O 抗ウイルス薬の基礎研究 615.281.8
GW17060K 抗かび薬の基礎研究 615.282
GW17080G 抗原虫薬・駆虫薬の基礎研究 615.283/.284
GW17100F その他の病原体作用薬の基礎研究 615.28+
GW18010O 放射性医薬品の基礎研究 615.2:621.039.8
GW19010V 放射線防護薬の基礎研究 615.2:616-001.1/.2
GW20010P 診断用薬の基礎研究 615.2:616-07
GW21010W 酵素製剤・酵素阻害剤の基礎研究 615.355
GW22010D 免疫療法薬・血液製剤の基礎研究 615.37
GW23010K その他の薬物の基礎研究 615.2+
臨床薬理学(L0603) GF05020A 皮膚疾患の薬物療法 616.5-085
GG05020D 運動器系疾患の薬物療法 616.7-085
GH05020G 消化器疾患の薬物療法 616.3-085
GI05020J 呼吸器疾患の薬物療法 616.2-085
GJ05020M 循環系疾患の薬物療法 616.12-085:615.22
GK05020P 血液疾患の薬物療法 616.15-085:615.273
GL05020S 内分泌系疾患の薬物療法 616.43-085:615.252
GM05020V 泌尿生殖器疾患の薬物療法 616.6-085:615.254/.256
GN05020Y 神経系疾患の薬物療法 616.83-085:615.21
GP05020E 眼の疾患の薬物療法 617.7-085:615.216
GQ05020H 耳・鼻・咽頭・喉頭の疾患の薬物療法 616.21-085:615.216
GR04020D 精神障害の薬物療法 616.89-085:615.214
GS05020N 婦人科疾患・妊産婦疾患の薬物療法 618.1/.2-085:615.256
GT05050X 歯と口腔の疾患の薬物療法 616.314-085:615.242
GW03030W 全身麻酔薬の臨床への応用 615.211.03
GW03050S 解熱鎮痛薬の臨床への応用 615.212.3/.4.03
GW03070O 抗てんかん薬・抗けいれん薬の臨床への応用 615.213.03
GW03090K たんでき性鎮痛薬・麻薬の臨床への応用 615.212.7.03
GW03110J 向精神薬の臨床への応用 615.214.03
GW03130F その他の中枢神経系作用薬の臨床への応用 615.211/.214.03+
GW04030D 局所麻酔薬の臨床への応用 615.216.2.03
GW04050Z 骨格筋作用薬の臨床への応用 615.216.5.03
GW04070V 感覚器作用薬の臨床への応用 615.216.8.03
GW05023Y 交感神経興奮薬の臨床への応用 615.217.22.03
GW05025G 交感神経抑制薬の臨床への応用 615.217.24.03
GW05033J 副交感神経作用薬の臨床への応用 615.217.32.03
GW05050G 神経節作用薬の臨床への応用 615.217.4.03
GW05070C 平滑作用薬の臨床への応用 615.217.5.03
GW06020G ヒスタミン薬・抗ヒスタミン薬の臨床への応用 615.218.03
GW07030Y 心臓作用薬の臨床への応用 615.221/.224.03
GW07050U 血管作用薬・降圧薬の臨床への応用 615.225.03
GW08020U 呼吸・呼吸器作用薬の臨床への応用 615.23.03
GW09020B 消化器作用薬の臨床への応用 615.24.03
GW10020V 内分泌腺作用薬・生殖器作用薬の臨床への応用 615.25.03
GW11020C 泌尿器作用薬の臨床への応用 615.254.03
GW12020J 外皮作用薬の臨床への応用 615.26.03
GW13030B 糖質代謝作用薬の臨床への応用 615.272.3.03
GW13050X 脂質代謝作用薬の臨床への応用 615.272.4.03
GW13070T その他の代謝作用薬の臨床への応用 615.272.03+
GW14020X 血液・体液作用薬の臨床への応用 615.273.03
GW15020E 消炎薬の臨床への応用 615.276.03
GW16020L 抗腫よう薬の臨床への応用 615.277.3.03
GW17030D 抗細菌薬の臨床への応用 615.281.03
GW17050Z 抗ウイルス薬の臨床への応用 615.281.8.03
GW17070V 抗かび薬の臨床への応用 615.282.03
GW17090R 抗原虫薬・駆虫薬の臨床への応用 615.283/.284.03
GW17110Q その他の病原体作用薬の臨床への応用 615.28.03+
GW18020Z 放射性医薬品の臨床への応用 615.2.03:621.039.8
GW19020G 放射線防護薬の臨床への応用 615.2.03:616-001.1/.2
GW20020A 診断用薬の臨床への応用 615.2.03:616-07
GW21020H 酵素製剤・酵素阻害剤の臨床への応用 615.355.03
GW22020O 免疫療法薬・血液製剤の臨床への応用 615.37.03
GW23020V その他の薬物の臨床への応用 615.2.03+
抗生物質,生薬(L0604) GX01000E 抗生物質一般 615.33
GX02000L 抗生物質産生菌 615.33:579.24
GX03000S 抗生物質発酵 615.33:663.18
GX04000Z 抗生物質の合成 615.33.012
GX05010R 抗生物質の薬理一般 615.33.015
GX05020C 病原体に作用する抗生物質の基礎研究 615.33.015.1
GX05030N 病原体に作用する抗生物質の臨床への応用 615.33.015.1.03
GX05040Y 抗腫よう抗生物質の基礎研究 615.33.015.1:615.277
GX05050J 抗腫よう抗生物質の臨床への応用 615.33.015.03:615.277
GX06010Y 生薬一般 615.32
GX06020J 生薬の薬理の基礎研究 615.32.015
GX06030U 生薬の臨床への応用 615.32.03
薬剤学(L0605) ★GY01010S 薬剤学一般【'81~'92】 615.45.014
GY01011J 薬剤学一般 615.45.014
GY01012A 物理薬剤学 615.45.015.16
★GY01020D 生物薬剤学 615.45.03
GY01021U 生物薬剤学(基礎) 615.45.033
GY01022L 生物薬剤学(臨床) 615.45.035
GY02010Z 製剤一般 615.45
GY02020K 液状製剤 615.451
GY02030V 固形製剤 615.453
GY02040G 半固形製剤 615.454
GY02050R 注射剤,眼科用製剤 615.456/.457
GY02060C エーロゾル剤 615.451.35:615.453.28
 ページTOPへ
医学(L0700) 医学一般(L0701) GA01010Y 医学一般 61
GA01040F 医学教育 61:37:00
★GA02000U 基礎医学一般【'81~'92】 611/612+577
GA03000B 法医学 340.66
GA04000I 東洋医学 61(5)
★JE13000V 医用情報処理【'81~'92】 681.3.02:61
JE15030Q 医用情報処理 681.3.02:61
予防医学,社会医学(L0702) GB01010B 予防医学一般 613/614
GB01020M 栄養調査 612.394
GB02000X 公衆衛生 614
GB03000E 疫学 616-036.22
GB04010W 社会医学一般 616-058
GB04020H 医療制度 614.2/.4
GB06000Z リハビリテーション 616-082
GB07000G 看護,看護サービス 616-083
GB08000N 医療事故,医療過誤 616-035.7
中毒・毒性学(L0703) GD06010Q 中毒一般 616.39-099
GD06020B 中毒の診断 616.39-099-07
GD06030M 中毒の治療 616.39-099-08
GZ01000K 毒性学一般 615.9
GZ02010C 化学物質の毒性一般 615.91
GZ02021E 無機化合物の毒性一般 615.916
GZ02022V 金属及び金属化合物の毒性 615.916:546.3
GZ02030Y 有機化合物の毒性 615.917
GZ03010J 植物起原の毒性 615.918
GZ03020U 動物起原の毒性 615.919
GZ03030F 微生物起原の毒性 615.91:579
GZ04010Q 中毒の予防 615.246.099
GZ04020B 解毒薬 615.246.9
腫よう学(L0704) GE01000Z 腫よう学一般 616-006
GE02010R 基礎腫よう学一般 616.006
GE02020C 発癌機序・因子 616-006.2
GE02030N 腫ようの化学・生化学・病理学 616-006-09
GE02040Y 腫ようの実験的治療 616-006-08-092.4
GE03010Y 臨床腫よう学一般 616-006-071
GE03020J 腫ようの診断 616-006-07
GE03031L 腫ようの治療一般 616-006-08
GE03032C 腫ようの薬物療法 616-006-085
GE03033T 腫ようの外科療法 616-006-089
GE03034K 腫ようの放射線療法 616-006-08:615.849
GE03035B 腫ようの免疫療法 616-006-08:615.37
GE03036S 腫ようのその他の治療法 616-006-08+
GF04000X 皮膚の腫よう 616.5-006
GG04000A 運動器系の腫よう 616.7-006
GH04000D 消化器の腫よう 616.3-006
★GH04010O 消化器のしゅよう一般【'81~'92】 616.3-006
★GH04020Z 胃がん【'81~'92】 616.33-006
★GH04030K 肝臓がん【'81~'92】 616.36-006
GI04000G 呼吸器の腫よう 616.22/.27-006
★GI04010R 呼吸器のしゅよう一般【'81~'92】 616.2-006
★GI04020C 肺癌【'81~'92】 616.24-006
GJ04000J 循環系の腫よう 616.12-006
GK04000M 血液の腫よう 616.15-006.43/.44
GL04000P 内分泌系の腫よう 616.43-006
GM04000S 泌尿生殖器の腫よう 616.6-006
GN04000V 神経系の腫よう 616.83-006
GP04000B 眼の腫よう 617.7-006
GQ04000E 耳・鼻・咽頭・喉頭の腫よう 616.21-006
GS04000K 女性生殖器と胎児の腫よう 618.1-006+618.33-006
★GS04010V 女性生殖器と胎児の腫よう一般【'81~'92】 618.1-006+618.33-006
★GS04020G 子宮癌【'81~'92】 618.14-006
GT04000N 歯と口腔の腫よう 616.31-006
臨床検査(L0705) GC02010L 医学的検査一般 616-071
GC02020W 化学検査 616-074
GC02030H 微生物検査 616-078
GC02040S 病理検査 616-09
GC02050D 血液検査 616.15-07
GC02060O 生理機能検査 612.08
その他の医学関連(L0706) GC01000T 医学総論一般 616/618
GC03001Y 診断学一般 616-07
GC03002P 基礎診断学 616-07-09
GC03003G 臨床診断学 616-071
★GC03010S 治療学一般【'81~'92】 615.8
GC03011J 治療学一般 616-08
GC03012A 基礎治療学 616-08-09
GC03013R 臨床治療学 616.085
GC03014I 応急処置 616-083.98
★GC03020D (診断学,治療学)物理療法【'81~'92】 615.83/.84
★GC03030O 応急処置【'81~'92】 616-083.98
★GC04010Z 放射線医学一般【'81~'92】 615.849
GC04011Q 放射線医学一般 615.849
GC04012H 基礎放射線医学 615.849-09
GC04013Y 臨床放射線医学 615.849:616-07
GC04020K 放射線を利用した診断 616-073.916
GC04030V 放射線を利用した治療 616-085.849
★GC05010G 麻酔学一般【'81~'92】 616-089.5
GC05011X 麻酔学一般 616-089.5
GC05012O 基礎麻酔学 616-089.5-09
GC05013F 臨床麻酔学一般 616-089.5-071
GC05020R 全身麻酔 616-089.5-031.81
GC05030C 局所麻酔 616-089.5-031.84
GC05040N 特殊麻酔 616-089.5+
★GC06010N 内科学一般【'81~'92】 616
GC06011E 内科学一般 616.1/.9
GC06012V 基礎内科学 616.1/.9-09
GC06013M 臨床内科学一般 616.1/.9-071
GC06020Y 内科の診断 616.1/.9-07
GC06030J 内科の治療 616.1/.9-085
★GC07010U 外科学一般【'81~'92】 617-089
GC07011L 外科学一般 617-089
GC07012C 基礎外科学 617-09
GC07013T 臨床外科学一般 617-071
GC07030Q 術前処置 617-089.163
GC07040B 手術 617-089
GC07050M 術後処置・予後 617-089.168
GC08010B 小児科学一般 616-053.2
GC08020M 小児に特有の疾患 616-053.2-039
GC08030X 小児科の診断 616-053.2-07
GC08040I 小児科の治療 616-053.2-08
GC09000X 老人医学 616-053.9
GC10000R 体部・局部の特定事項 616-031.2
GC11000Y スポーツ医学 61:796
GC12000F その他の医学 61+
GD01010H 感染症・寄生虫症一般 616.9
GD01020S 感染症・寄生虫症の診断 616.9-07
GD01030D 感染症・寄生虫症の治療 616.9-08
GD02010O 外傷一般 616-001
GD02020Z 外傷の診断 616-001-07
GD02030K 外傷の治療 616-001-08
GD03010V 先天性疾患・奇形一般 616-007
GD03020G 先天性疾患・奇形の診断 616-007-07
GD03030R 先天性疾患・奇形の治療 616-007-08
GD04010C 免疫性疾患・アレルギー性疾患一般 616-021+616-056.4
GD04020N 免疫性疾患・アレルギー性疾患の診断 [616-021+616-056.4]-07
GD04030Y 免疫性疾患・アレルギー性疾患の治療 [616-021+616-056.4]-08
GD05010J 代謝異常・栄養性疾患一般 616.39
GD05020U 代謝異常・栄養性疾患の診断 616.39-07
GD05030F 代謝異常・栄養性疾患の治療 616.39-08
GD07010X 原因不明の疾患・その他の疾患一般 616-079+
GD07020I 原因不明の疾患・その他の疾患の診断 616-079
GD07030T 原因不明の疾患・その他の疾患の治療 616-079-08
★GF01000C 皮膚科学一般【'81~'92】 616.5-001.1/-009
GF01010N 皮膚科学一般 616.5
GF01020Y 皮膚の基礎医学 616.5-09
GF01030J 皮膚の臨床医学一般 616.5-071
GF02000J 皮膚の診断 616.5-07
GF03000Q 皮膚の疾患 616.5-001/-009
★GF03010B 皮膚疾患一般【'81~'92】 616.5
★GF03020M (皮膚の疾患)感染症【'81~'92】 616.5+616.98
★GF03030X 反応性疾患【'81~'92】 616.5-001.1/-001.37
GF05010P 皮膚疾患の治療一般 616.5-08
GF05030L 皮膚疾患の外科療法 616.5-089
★GF05040W (皮膚の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 616.5-08:615.831.84
★GG01000F 運動器系の臨床医学一般【'81~'92】 616.7-001.1/-009
GG01010Q 運動器系の医学一般 616.7
GG01020B 運動器系の基礎医学 616.7-09
GG01030M 運動器系の臨床医学一般 616.7-071
GG02000M 運動器系の診断 616.7-07
GG03000T 運動器系の疾患 616.7
★GG03010E 運動器系疾患一般【'81~'92】 616.7
★GG03020P 骨の疾患【'81~'92】 616.71
★GG03030A 関節の疾患【'81~'92】 616.72
★GG03040L 筋系の疾患【'81~'92】 616.74
GG05010S 運動器系疾患の治療一般 616.7-08
GG05030O 運動器系疾患の外科療法 616.7-089
GG05040Z 運動器系疾患の物理療法 616.7-08:615.83/.84
★GH01000I 消化器の臨床医学一般【'81~'92】 616.3-001.1/-009
GH01010T 消化器の医学一般 616.3
GH01020E 消化器の基礎医学 616.3-09
GH01030P 消化器の臨床医学一般 616.3-071
GH02000P 消化器の診断 616.3-07
GH03000W 消化器の疾患 616.3
★GH03010H 消化器疾患一般【'81~'92】 616.3
★GH03020S 食道の疾患【'81~'92】 616.32
★GH03030D 胃の疾患【'81~'92】 616.33
★GH03040O 肝臓の疾患【'81~'92】 616.36
★GH03050Z すい臓の疾患【'81~'92】 616.37
★GH03060K 腸とこう門の疾患【'81~'92】 616.34+.35
GH05010V 消化器疾患の治療一般 616.3-08
GH05030R 消化器疾患の外科療法 616.3-089
★GH05040C (消化器の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 616.3-08:615.83/.84
★GI01000L 呼吸器の臨床医学一般【'81~'92】 616.2-001.1/-009
GI01010W 呼吸器の医学一般 616.2
GI01020H 呼吸器の基礎医学 616.2-09
GI01030S 呼吸器の臨床医学一般 616.2-071
GI02000S 呼吸器の診断 616.2-07
GI03000Z 呼吸器の疾患 616.22/.27
★GI03010K 呼吸器の疾患一般【'81~'92】 616.2
★GI03020V 気管と気管支の疾患【'81~'92】 616.23
★GI03030G 肺の疾患【'81~'92】 616.24
GI05010Y 呼吸器疾患の治療一般 616.2-08
GI05030U 呼吸器疾患の外科療法 616.2-089
★GI05040F (呼吸器の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 616.2-08:615.83/.84
★GJ01000O 循環系の臨床医学一般【'81~'92】 616.1-001.1/-009
GJ01010Z 循環系の医学一般 616.1
GJ01020K 循環系の基礎医学 616.1-09
GJ01030V 循環系の臨床医学一般 616.1-071
GJ02000V 循環系の診断 616.1-07
GJ03000C 循環系の疾患 616.11/.16
★GJ03010N 循環系の疾患一般【'81~'92】 616.1
★GJ03020Y 心臓の疾患【'81~'92】 616.12
★GJ03030J 血管の疾患【'81~'92】 616.13/.14+.42
★GJ03040U 血圧の異常【'81~'92】 616.12-008.331
GJ05010B 循環系疾患の治療一般 616.12-08
GJ05030X 循環系疾患の外科療法 616.12-089
★GJ05040I (循環系の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 616.12-08:615.83/.84
★GK01000R 血液の臨床医学一般【'81~'92】 616.15-001.1/-009
GK01010C 血液の医学一般 616.15
GK01020N 血液の基礎医学 616.15-09
GK01030Y 血液の臨床医学一般 616.15-071
GK02000Y 血液の診断 616.15-07
GK03000F 血液の疾患 616.151/.157
GK05010E 血液疾患の治療一般 616.15-08
★GL01000U 内分泌系の臨床医学一般【'81~'92】 616.43-001.1/-009
GL01010F 内分泌系の医学一般 616.43
GL01020Q 内分泌系の基礎医学 616.43-09
GL01030B 内分泌系の臨床医学一般 616.43-071
GL02000B 内分泌系の診断 616.43-07
GL03000I 内分泌系の疾患 616.431/.438
GL05010H 内分泌系疾患の治療一般 616.43-08
★GL05030D 外科療法【'81~'92】 616.43-089
★GM01000X 泌尿生殖器の臨床医学一般【'81~'92】 616.6-001.1/-009
GM01010I 泌尿生殖器の医学一般 616.6
GM01020T 泌尿生殖器の基礎医学 616.6-09
GM01030E 泌尿生殖器の臨床医学一般 616.6-071
GM02000E 泌尿生殖器の診断 616.6-07
GM03000L 泌尿生殖器の疾患 616.61/.69
★GM03010W 泌尿生殖器の疾患一般【'81~'92】 616.6
★GM03021Y 泌尿器の疾患一般【'81~'92】 616.61/.63
★GM03022P じん臓の疾患【'81~'92】 616.61
★GM03030S 男性生殖器の疾患【'81~'92】 616.64
GM05010K 泌尿生殖器疾患の治療一般 616.6-08
GM05030G 泌尿生殖器疾患の外科療法 616.6-089
GM05040R その他の泌尿生殖器疾患の治療 626.6-08+
★GN01000A 神経科学一般【'81~'92】 616.8-001.1/-009
GN01010L 神経科学一般 616.8
GN01020W 神経の基礎医学 616.8-09
GN01030H 神経の臨床医学一般 616.8-071
GN02000H 神経系の診断 616.8-07
GN03000O 神経系の疾患 616.83/.89
★GN03010Z 神経系の疾患一般【'81~'92】 616.8
★GN03020K 中枢神経系の疾患【'81~'92】 616.831/.832+.85
★GN03030V 末しょう神経系の疾患【'81~'92】 616.833
GN05010N 神経系疾患の治療一般 616.83-08
GN05030J 神経系疾患の外科療法 616.83-089
★GN05040U (神経系の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 616.83-08:615.83/.84
★GP01000G 眼科学一般【'81~'92】 617.7-001.1/-009
GP01010R 眼科学一般 617.7
GP01020C 眼の基礎医学 617.7-09
GP01030N 眼の臨床医学一般 617.7-071
GP02000N 眼の診断 617.7-07
GP03000U 眼の疾患 617.71/.78
★GP03010F 眼の疾患一般【'81~'92】 617.7
★GP03020Q (眼の疾患)感染症【'81~'92】 617.7:616.9
GP05010T 眼の疾患の治療一般 617.7-08
GP05030P 眼の疾患の外科療法 617.7-089
★GP05040A (眼の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 617.7-08:615.83/.84
★GQ01000J 耳鼻咽喉科学一般【'81~'92】 616.21
GQ01010U 耳鼻咽喉科学一般 616.21
GQ01020F 耳鼻咽喉科の基礎医学 616.21-09
GQ01030Q 耳鼻咽喉科の臨床医学一般 616.21-071
GQ02000Q 耳・鼻・咽頭・喉頭の診断 616.21-07
GQ03000X 耳・鼻・咽頭・喉頭の疾患 616.211/.218
★GQ03010I 耳の疾患【'81~'92】 616.28
★GQ03020T 鼻の疾患【'81~'92】 616.211
★GQ03030E 咽頭・喉頭の疾患【'81~'92】 616.22+.32
GQ05010W 耳・鼻・咽頭・喉頭疾患の治療一般 616.21-08
GQ05030S 耳・鼻・咽頭・喉頭の疾患の外科療法 616.21-089
★GR01000M 精神医学一般【'81~'92】 616.89
GR01010X 精神医学一般 616.89
GR01020I 精神科の基礎医学 616.89-09
GR01030T 精神科の臨床医学一般 616.89-071
GR02000T 精神障害の診断 616.89-07
GR03000A 精神障害 616.891/.899
GR04010S 精神障害の治療一般 616.89-08
GR04030O 精神療法 615.86
GR05000O 精神衛生 613.86
★GS01000P 婦人科学,産科学一般【'81~'92】 618
GS01010A 婦人科学・産科学一般 618
GS01020L 婦人科・産科の基礎医学 618-09
GS01030W 婦人科・産科の臨床医学一般 618-071
GS02000W 婦人科・産科の診断 618-07
GS03000D 婦人科疾患,妊産婦の疾患 618.1/.2-03
★GS03010O 婦人科疾患,妊産婦疾患一般【'81~'92】 618.1/.2-00
★GS03020Z 女性生殖器の疾患【'81~'92】 618.1-00
★GS03030K 妊娠の異常【'81~'92】 612.63.04:((618.3+.5))
★GS03040V 胎児と新生児の疾患【'81~'92】 616-053.1-00:618.33
GS05010C 婦人科疾患・妊産婦疾患の治療一般 618.1/.2-08
GS05030Y 婦人科疾患・妊産婦疾患の外科療法 618.1/.2-089
★GS05040J (婦人科疾患・妊産婦の疾患の治療)物理療法【'81~'92】 618.1/.2-08:615.83/.84
★GT01000S 歯科学一般【'81~'92】 616.31-001.1/-009
GT01010D 歯科学一般 616.31
GT01020O 歯の基礎医学 616.31-09
GT01030Z 歯の臨床医学一般 616.31-071
GT02000Z 歯と口腔の診断 616.31-07
GT03000G 歯と口腔の疾患 616.311/.318
GT05010F 歯と口腔の疾患の治療一般 616.31-08
GT05020Q 保存療法 616.314-083
GT05030B 補綴 616.314-089.28
GT05040M (歯と口腔の疾患の治療)矯正 616.314-089.23
GT05060I 歯と口腔の疾患の外科療法 616.314-089
GT06000B 歯科材料 616.314-7
GT07000I 口腔衛生学 616.314:613/614
 ページTOPへ
生体工学(L0800) 生体工学・医療用機器・医療用品(L0801) EL01000S 生体工学一般 612:007
EL02010K 生体系モデル一般 612.0:007
EL02020V 循環系モデル 612.1:007
EL02030G 呼吸系モデル 612.2:007
EL02040R 筋骨格系・皮膚モデル 612.7:007
EL02050C 脳・神経系モデル 612.8:007
EL02060N 視覚モデル 612.84:007
EL02070Y 聴覚・音声モデル [612.85+612.78]:007
EL03010R 生体計測・解析一般 612-087
EL03020C 生体計測 616-073:612-087
EL03030N 生体遠隔測定 616-073:53.083.7
EL03040Y 生体機能強度解析 616-008-07
EL04000N 生体代行装置 616/618-76/78
GA05010A 医療用品・医療用機器一般 615.4
GA05020L 医療用機器装置 615.472/.473
GA05030W 医療用品 615.468+615.477
GA05040H 医用素材 615.461/.466
GC07020F 外科設備・装置 615.472