JDreamⅢ

日本最大級の科学技術文献情報データベース

JDreamの部屋検索のはじめ方

クイックサーチとアドバンスドサーチの違いについて

掲載日:2019年3月29日

サービスをご利用になる際は、クイックサーチとアドバンスドサーチ、この2つの検索モードからどちらかを選んでいただいて検索を行います。クイックサーチはシンプルで簡単に検索が行える検索モードで、アドバンスドサーチはさまざまな機能やテクニックを用いて検索ができる検索モードです。
今回は、この2つの検索モードについてご紹介します。

クイックサーチとアドバンスドサーチ、どちらを使うかで検索結果は変わる?

検索モードのクイックサーチとアドバンスドサーチ、どちらを使っていただいても検索の結果は変わりません。検索の対象となるデータベース(ファイル)が同じで、同一キーワードで検索すれば、同じヒット件数になります。ただし、検索対象として選べるファイルの組み合わせはアドバンスドサーチがの方が多くなっています。

クイックサーチとアドバンスドサーチで選択できるファイル

違い①画面構成

クイックサーチとアドバンスドサーチでは画面構成に違いがあります。クイックサーチの画面は検索ボックスと検索ボタンが配置されているシンプルな作りですが、検索支援機能が充実しています。アドバンスドサーチの画面は、その他に複数の機能がついています。初心者の方は、まずクイックサーチから使って慣れていただくのもお勧めです。

クイックサーチの画面イメージ
アドバンスドサーチの画面イメージ

違い②検索結果の表示方法

クイックサーチの検索結果は、検索画面上に表示される仕組みになっています。検索ボックスにキーワードを入力し、検索ボタンをクリックすると、その画面上にタイトルが20件まで表示されます。対してアドバンスドサーチは、検索ボックスにキーワードを入力して検索を行うと、入力したキーワードとヒット件数が検索履歴に蓄積されていく仕組みになっています。検索毎にL1、L2、L3というようにL番号がふられ、L番号をクリックすると、検索結果を表示する画面へと遷移します。

クイックサーチ検索結果表示
アドバンスドサーチ検索結果表示

違い③絞込み機能

絞込み機能にも違いがあります。クイックサーチでは、検索を行ってから絞込みをしていくのに対し、アドバンスドサーチでは、検索を行う前に細かな絞込みの設定を行うことができます。

クイックサーチの絞込み機能
アドバンスドサーチの絞込み機能
先頭へ戻る

ご利用を検討されている方

専門スタッフによるサポート