JDreamⅢ

日本最大級の科学技術文献情報データベース

JDreamの部屋検索のはじめ方

検索語入力文字のポイント

掲載日:2019年5月31日

検索を行うためにはまず検索語を入力しますが、文字の入力にはいくつかポイントがあります。ポイントをおさえると検索の精度が向上しますので、今回は検索語入力についてご紹介します。

検索語として区別する文字、しない文字

JDreamⅢの検索システムでは、検索語として区別する文字としない文字があります。検索語として区別する文字というのは、「ひらがな」と「カタカナ」です。区別しない文字は、「全角/半角」、「大文字/小文字」、「長音(ー)」、「ハイフン(‐)」、「マイナス記号(-)」です。例えば「しわ」を検索したい場合、ひらがなで入力する場合とカタカナで入力した場合とでは、入力文字を区別するので検索結果の件数が変わります。一方、「nature biotechnology」を検索したい場合、大文字と小文字、どちらで入力しても入力文字は区別しないので、検索結果の件数は変わりません。

検索結果の件数比較

「たんぱく質」と「タンパク質」、検索結果の件数に違いは出る?

「たんぱく質」について検索したいとします。「たんぱく質」はいろいろな表記がありますが、「たんぱく質」で検索した場合と「タンパク質」で検索した場合では、検索結果に違いが出るでしょうか。答えは"結果は同じ"です。JDreamⅢは「異表記辞書」というものを持っており、そこに登録されている語であれば、異表記も合わせて検索されます。「たんぱく質」は異表記辞書に登録されており、対応する異表記語として「たん白質」、「タンパク質」、「タン白質」、「蛋白質」が登録されています。ですので、いずれかーつで検索すれば、全ての語が検索対象となります。

異表記辞書
「たんぱく質」と「タンパク質」の検索結果の件数

英語のフレーズ検索をしたい場合

英語表記で検索を行ないたい場合、1単語のみでの検索ではヒット件数が膨大になりますし、ノイズも多くなります。ですので、フレーズで検索をすることをお勧めします。複数単語を組み合わせて検索することになるのでスペースを用いますが、スペースは「AND」検索として扱われます。「Risk of automated driving」を検索したい場合、そのまま検索すると、「Risk and of and automated and driving」と同じ検索になります。フレーズ検索を行う場合は「"Risk of automated driving"」のように、二重引用符で囲んで検索を行ないます。

英語のフレーズ検索結果
先頭へ戻る

ご利用を検討されている方

専門スタッフによるサポート