JDreamⅢ 日本最大級の科学技術文献情報データベース

「ビッグデータの利活用によるオープンイノベーション戦略 ~技術課題を解決に導く共同研究者探索~」登壇者:京都大学大学院医学研究科 ビッグデータ医科学分野・教授 奥野恭史 氏。文部科学省 科学技術・学術政策研究所 第2調査研究グループ 上席研究官 荒木寛幸氏。バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター シニアアライアンスマネージャー 八代好司氏。国立研究開発法人 科学技術振興機構 <br>産学連携展開部 部長 科学技術振興機構(JST)における産学連携支援 笹月 俊郎 氏。開催日:東京会場 9月13日(金)、大阪会場 9月10日(火)。参加費無料。

本セミナーは終了いたしました

最新のIT技術を活用したオープンイノベーションへの取り組みを各界の有識者が講演

オープンイノベーション戦略を進めるためには、必要な時に必要とする内容で、最適な共同研究者のパートナーと協力していくことが求められています。しかしながら、現状、パートナー探索は多くの情報源にあたる必要がある、人脈やノウハウに依存する等によりフレキシブルな探索を行いにくいという課題があります。この課題を改善する最新のIT技術を活用した取り組みが進んでいます。本セミナーでは産学官各界の有識者の方々に、それぞれの立場におけるオープンイノベーションへの取り組みについて、ご講演いただきます。

研究課題を解決したい、キー・オピニオン・リーダーを捜したい、産学官連携・オープンイノベーションを促進したい...など、課題解決に向け、一緒に考えてくれるパートナー探索にご関心のある方は、ぜひご参加ください。

講師/講演テーマご紹介

奥野 恭史 氏

奥野 恭史 氏

京都大学大学院 医学研究科
ビッグデータ医科学分野・教授

ビッグデータを活用したオープンイノベーション
~AI 戦略による産業競争力加速の取り組み~

荒木 寛幸 氏

荒木 寛幸 氏

文部科学省 科学技術・学術政策研究所
第2調査研究グループ 上席研究官

ビッグデータ時代の産学連携

八代 好司 氏

八代 好司 氏

バイエル薬品株式会社
オープンイノベーションセンター
シニアアライアンスマネージャー

バイエルのオープンイノベーション

笹月 俊郎 氏

国立研究開発法人 科学技術振興機構
産学連携展開部 部長

科学技術振興機構(JST)における産学連携支援

セミナー概要

セミナー名
ビッグデータの利活用によるオープンイノベーション戦略 ~技術課題を解決に導く共同研究者探索~
開催日時・会場

東京

ステーションコンファレンス東京 5F 501[地図

  • 2019年9月13日(金) 14:00-16:30
  • 定員 200名

大阪

富士通株式会社 関西システムラボラトリ [地図

  • 2019年9月10日(火) 14:00-16:30
  • 定員 100名
受講対象
研究課題を解決したい、キー・オピニオン・リーダーを捜したい、産学官連携・オープンイノベーションを促進したいといった、パートナー探索にご関心のある方であれば、どなた様でもご参加いただけます。
プログラム
基調講演

ビッグデータを活用したオープンイノベーション
~AI 戦略による産業競争力加速の取り組み~

奥野 恭史 氏 (京都大学大学院 医学研究科 ビッグデータ医科学分野・教授)

講演内容
2016年の11月、我々は、ライフ分野を対象としたAI開発を産学、異業種連携で進めるため、ライフ・インテリジェンス・コンソーシアム(LINC)を立ち上げた。
LINCは、京大・理研などのアカデミアの支援のもと、製薬・ヘルスケア系を中心としたライフサイエンス関連企業とIT関連企業など約100社・団体がタッグを組むことで、AI戦略による保健医療分野・関連産業の振興を目指すものである。本講演では、LINCの取り組みを紹介するとともに、AIオープンイノベーションについて議論したい。

セッション1

ビッグデータ時代の産学連携

荒木 寛幸 氏(文部科学省 科学技術・学術政策研究所 第2調査研究グループ 上席研究官)

講演内容
大学にとって企業との連携を進めるのは重要であり、企業は大学の研究シーズに関心を寄せている。しかしながら、双方の理想は高くマッチングの成功率は高くはない。そのような中、産学連携の手法はまだまだアナログと言っても良く、ビッグデータの活用に至っていない。これからの産学連携におけるビッグデータの活用と、企業と大学のマッチングについて説明する。

セッション2

科学技術振興機構(JST)における産学連携支援

笹月 俊郎 氏(国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部 部長)

講演内容
JSTでは、産学連携のマッチングのための場の提供や相談対応、研究開発費の支援など、様々な形でオープンイノベーション活性化のための支援を行っている。その紹介と産業界への期待について説明する。

セッション3

バイエルのオープンイノベーション

八代 好司 氏(バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター シニアアライアンスマネージャー)

講演内容
オープンイノベーションの成功は、研究者達が所属を超えて良好な関係を築き、一つの目標に向かって突き進んでゆけるかにかかっている。本発表では、産学連携やベンチャーインキュベーションなど多岐にわたるバイエルのオープンイノベーションによる創薬活動を紹介し、最近の成功事例として、ライフ インテリジェンス コンソーシアム“LINC”での共同研究者を探すツールの開発についても述べたい。

サービス紹介

JDream Expert Finderサービス概要

株式会社ジー・サーチ

主催

株式会社ジー・サーチ

当社は国内外で発行された3,800万件を超える学術文献・会議録を収録した日本最大級の科学技術文献情報サービス JDreamⅢを提供。
この度、3,800万件を超えるビッグデータから約100万人の研究者ナレッジベースを新たに構築。ナレッジベースを活用した研究パートナー探索サービス「JDream Expert Finder」を2019年8月30日より提供開始。