JDreamⅢ 日本最大級の科学技術文献情報データベース

JDream SR 特別Webセミナー「医学分野におけるAI/自然言語解析に対する期待と展望」参加費:無料。開催日:11月6日(金)13時0分から14時30分、11月10日(火)10時30分から12時0分。オンラインセミナー。

セミナーに申し込む

産学連携で進める創薬・医療業務へのAI・ビッグデータ解析プロジェクトを有識者が講演

ライフサイエンス分野の研究が高度かつ細分化し、論文数が急速に増加している近年において、全ての情報を手作業で収集・解析することは医療関係の方々の負担を増加させており、この分野のAI活用が喫緊の課題となっています。この問題の解決を目指し、産学連携によるプロジェクトが進められています。
本セミナーでは、産学連携で進められているAI/ビッグデータ解析プロジェクトの取り組みの成果について、大学および製薬企業の方からご講演いただきます。また、当社からは、産学連携の成果を医学薬学文献のビッグデータ解析に実装し、サービス化いたしました「JDream SR」を紹介いたします。

講師/講演テーマご紹介

講演テーマ:ゲノム医療実装を加速するためのビッグデータ・AI技術の活用

鎌田 真由美氏

鎌田 真由美氏

京都大学大学院 医学研究科 ビッグデータ医科学分野 准教授

講演概要

プレシジョン・メディシンを担うゲノム医療は、特にがん領域において、適切な治療・薬剤選択のために実臨床での実装が進められている。しかしながら、実際に検出された遺伝子 異常には臨床的意義が不明なものが多く、治療に結びつかない場合が多くある。このゲノム医療のボトルネック解消に対し、AI・ビッグデータ活用が強く期待されている。本発表では、我々が現在取り組んでいる疾患ゲノムデータベース開発とAI活用について紹介する。

講演テーマ:医療技術評価へのAI適用による業務効率化を目指して

東 美恵氏

東 美恵氏

エーザイ株式会社 メディカル本部 クリニカル企画推進部
アソシエートディレクター

講演概要

医療費増大が問題視される中で、ついに本邦においても医薬品・医療機器に対し費用対効果評価が導入された。先行する諸外国の状況をふまえながら、本邦における費用対効果分析の現状と課題、今後の展望について解説する。

セミナー概要

セミナー名
医学分野におけるAI/自然言語解析に対する期待と展望
開催日時
11月6日(金)13:00-14:30
11月10日(火)10:30-12:00
会場
オンライン(Zoom)開催 Zoom受講の流れ
定員
各回200名
参加費
無料
対象ユーザ
どなたでも参加いただけます。
同業関係者の方のお申込みはお断りする場合がございます。ご了承ください。
プログラム
講演

ゲノム医療実装を加速するためのビッグデータ・AI技術の活用

鎌田 真由美氏(京都大学大学院 医学研究科 ビッグデータ医科学分野 准教授)

講演

医療技術評価へのAI適用による業務効率化を目指して

東 美恵氏(エーザイ株式会社 メディカル本部 クリニカル企画推進部 アソシエートディレクター)

講演

膨大な医学論文データからAIがエビデンスを抽出 ― 新サービスJDream SRのご紹介

株式会社ジー・サーチ

講演概要

国内外の膨大な医学論文を自然言語処理AIによって解析することで、薬剤、疾患、遺伝子変異、アウトカム指標等の情報を抽出し、ゲノム医療や医薬品の費用対効果(HTA)における論文調査をサポートする新サービス「JDream SR」をご紹介します。

主催

株式会社ジー・サーチ

当社は国内外で発行された学術文献・会議録を収録した日本最大級の科学技術文献情報サービスJDreamⅢの提供を始め、JDreamⅢのビッグデータから構築した約100万人の研究者ナレッジベースJDream Expert Finderを提供。産学連携で進めるAI/ビッグデータ解析プロジェクトにも参画中。

1開催日時の選択

会場・開催日時の選択

参加希望のセミナーを選択し、「セミナーを申込む」ボタンを押してください。
2件までのセミナーを同時にお申込みいただけます。

会場/定員 開催日時 セミナー選択

セミナー選択にチェックを入れて「セミナーを申込む」ボタンを押してください。