オンラインマニュアル

G.収録ファイル編

2.JSTが作成するその他のデータベース

2.1 JCHEMファイル

JDreamⅢで提供するJCHEMファイル(ジェイケムファイル)と、一般公開を行っている日化辞Webは、どちらも有機低分子化学物質の体系名や慣用名、分子式などを収録した有機化合物辞書データベースです。現在、JSTPlusファイルを含むJST系ファイルでは、化学物質名の索引(物質索引)をこの化合物辞書を用いて行っています。

2.1.1 収録対象データについて

JCHEMファイル(もしくは日化辞Web)には、JSTPlusファイル、JMEDPlusファイルで索引された有機低分子化学物質、および各種辞書、試薬カタログ等に記載された著名な化学物質、法規制対象となった化学物質などを収録しています。

主として構造が明確な有機低分子化学物質を収録していますが、元素および無機化学物質も一部収録しています。高分子化学物質は収録対象外です。

2.1.2 更新頻度

JCHEMファイルは月1回(日化辞Webは月4回)

2.1.3 日化辞Webについて

日化辞Web(http://nikkajiweb.jst.go.jp)は、一般に公開されている有機化合物辞書データベースです。JCHEMファイルで提供されているデータに加え、その化合物の化学構造図の表示機能や、化学構造図を作図して検索する機能も備えています。また、リンクにより、外部データベースの安全性・毒性データやスペクトルデータを参照・表示する機能も有しています。

2.1.4 文献データベースへの索引

JSTPlusファイル、JMEDPlusファイルの物質索引フィールドには、文献のテーマにあった化学物質名や物質名に対応する日化辞番号が索引されています。物質索引は、1999年度よりJST系ファイルの全分野に対し行われていますが、それ以前に収録されたレコードについては、JMEDPlusファイルの薬学など一部の分野にのみ索引されています。日化辞番号をクリックすると、該当化学物質の詳細情報が日化辞Webで表示されます。

2.2 JST資料所蔵目録 Web検索システム

JST(科学技術振興機構)が所蔵する資料の検索ができます。JDreamⅢとは独立した外部提供のサイトになります。JST系ファイルに収録されている資料は、原則として(※)JSTで所蔵を行っており、この所属目録で資料情報(収集状況等)を確認することができます。

JSTにはオンライン化前の資料も多数所蔵しています。

※ 電子ジャーナル限定の資料等、JST所蔵外の資料も一部含まれています

検索画面の「JST資料所蔵目録検索」をクリックするか、データベース選択画面の「 JST資料所蔵目録 Web検索システム」をクリックしてください。

http://opac.jst.go.jp/ に直接アクセスしても利用可能です。

○検索画面 ○データベース選択画面

トップページで「検索画面へ」をクリックすると、検索画面が表示されます。検索方法については、利用の手引き、または所蔵目録検索画面中の「ヘルプ」を確認してください。